悪性度の低い非浸潤がんには、手術なしの時代がくる?


Share Button

引用元はこちら

 

悪性度の低い非浸潤がんの場合

10年生存率は、手術実施例と未実施例で同程度

 

しかし、悪性度の高い非浸潤がんの場合は

10年生存率は、手術を実施した方が、有意に優れている結果になったそうです。

 

また、この調査結果によると

悪性度の低い非浸潤がんは、約50~75%浸潤性がんに進行しないそうだ。??

言い換えれば、約25~50%浸潤がんに進行するとも言えます。

 

どちらに属するか明確に区別できる診断法がない以上

当然ながら多くの人は手術を選択するとのことです。

 

いざ自分の立場となった場合、やっぱ手術を選択しますわね。