-疼痛管理-

2020年4月よりサーバー維持管理費捻出のため記事閲覧を有料(200円/記事)とさせて頂きました。寄付だと思って、ご理解下さい。
尚、閲覧には Google Chrome のご使用を推奨致します。

 

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。



オピオイドローテーションの目的
作用の軽減・回避、鎮痛効果の改善、耐性の回避など
オキシコドンのレスキューとしてオキノームを使用


モルヒネ
モルヒネはオピオイド神経を興奮させ、下行性疼痛制御により、侵害受容器(痛みを感じる受容器)で発生した興奮の伝達を遮断し上行性疼痛伝達をとめることにより中枢鎮痛作用を示す。

 オプソ内服液
モルヒネを水に溶かした薬剤で、吸収力が速い。痛みがひどくなった時のレスキュードーズに用いられる。モルヒネ製剤を服用していて、臨時にレスキュードーズとして使用する場合の1回量は、定時で服用しているモルヒネ経口製剤1日量の、その6分の1のを目安とする。

©  Dr.松の乳房再建 All Rights Reserved.
PAGE TOP