Dr.松のアメブロ

サンタはやって来る?来ない?

都会(心斎橋)はこんな装いになってました。
あ〜、もうそんな季節か〜

そんな行いだったらサンタ来ないよ!攻撃が始まっています。

口には出さないけど多分悟ってる長女には、もう通用しません。
半信半疑の長男、次女には、まだ効果的ようです。

誰々ちゃんが、プレゼントは親が買ってるって言ってた!

その子のおうちは、そうなのね〜

うちには、サンタがくるかもね〜

ゲーム機が欲しいと言う長男に対し
絶対にその選択肢はない!
と即答した私は少し反省
納得していた息子はまだまだ子供

まだまだ攻防は続きます。

新しい再建インプラント使ってみた

しずく型インプラント sientra が使えるようになってホッとしています。
これじやないと、自然なデコルテを再現しにくい。

 
使い心地はまずまず。
少し柔らかめな感触です。
 

乳腺指導医とったど~

乳腺専門医の上に、指導医っていう資格があります。

乳腺指導医更新申請資格条件として
・乳腺専門医であり、2015年以前に乳腺専門医を取得していること
・認定・関連施設に常勤で勤務し、乳腺診療に従事していること
・専攻医(乳腺専門医を目指している者)を指導した実績があること
・2015年8月~2020年8月末までの乳癌経験症例が100例以上あること
・乳腺疾患に関する研究業績が8点以上、研修実績が30点以上あること

 

ちなみに申請手数料:1万円

登録料は、なんと4万円・・・

 

医師免許には更新作業は何もないのですが

専門医資格は、5年ごとに更新が必要です。

 

乳腺指導医・専門医のような個人資格(業務上必要だけど)は個人負担なんですよ・・・

アナトミカル型テクスチャードタイプ 薬事承認品 でた~!

グンゼ株式会社より

国内唯一のアナトミカル型テクスチャードタイプ

10月から発売予定とのことです

 

中止になったり、再開したり、新製品出たり

かなり右往左往させられていますね

 

アナトミカル型の方が乳房を再現しやすいので

朗報であることには変わりませんが

 

乳房再建医療に幸あれ

 

 

 

 

 

キスマークじゃない

日曜ハイキング中、気がついたら毛虫が首に

はらった際に痛みを感じ、嫌な予感がした


あ〜 痛痒い

毛虫にやられたのは人生初

これ、地味に辛いね

っていうか、シミ増えたな(悲)


京都の空には虹

私の首にはシミ

全然、関係ないか

山登りって興味ない?・・・運命の出会いの場になるかもよ

ロープウェーでさっと登って、山頂でアイスを食べたい今の私が言うのもなんですが、山登りには色々な魅力があります。

一応、大学時代は山岳部所属ですからね。

 

壮大な自然に囲まれて、綺麗な空気を吸って、ひらすら歩いて雨に濡れて寒い・・・

違う違う。


山頂からの偉大な景色をみたら、そりゃもう

以下、私の術後患者 M さんが、山で知り合った男性と結婚したまじめなまじめなお話です。

 

M さんは、ホルモン治療中の辛い時期に、お友達が山に連れて行ってくれたことがきっかけで登山を始めました。

ホルモン治療による 「ほてり」 のため、ツアー会社の登山では、まわりのスピードに付いて行くことが出来ない事もあったそうです。

「ほてり」 前後の体の不調は 、脈が速くてゆっくりでないと動けない・汗がたくさん出て汗冷えする等
しかし、M さんは、体を動かすことで明るくなって、楽しい時間がどんどん増えました。

 

で、で、その登山のガイドのお仕事をされていたのが、今の旦那様だそうです。

いい話やないですか〜

 

そんでもって、その旦那様は、現在、登山ガイドのお仕事を独自で運営なさっています。

詳細はこちら↓

マウンテンガイド フォレストノーツ

旦那様は登山ガイド、そして M さんはサポート役として同行されることもあるそうです。

登山が不安な女性でも、安心できる環境になり得ますね。

 

M さんからのメッセージです。

もし治療中でも登山してみたいな…

と思って下さる方がいたら同じく「ほてり」症状がある私もお手伝いさせてもらいますので一緒に行きましょうo(^o^)o

 

Dr.松からのメッセージ

登山は、交際相手を見つけるためのツールではありません。

マウンテンガイド フォレストノーツ さんと私との利害関係は全くありません。

私は、インドア派なので、山岳イベントに参加することは、たぶんありません。

運動することは、再発リスクを減らすとの報告もあるので、美白維持を除けば登山は最高かも。

乳がん骨転移をどう捉えるか

乳がん骨転移に遭遇した際、患者さんにどのように伝えるか非常に悩みます。
 
医療従事者側の都合かもしれないけど、嫌な情報は、早い段階で伝えることが望ましいとされています。
一時の優しい嘘が、後の信頼関係に影響しうることは、一般的な人間関係と同じです。
私が若かりし頃、ご本人に伝えるタイミングを逃してしまい、後に苦い経験になったことは今でも忘れられません。
その教訓があるから、最初に伝えるべき内容を資料にして用意しています。
 
しかし、遠隔転移と言っても、骨と他の重要臓器への転移では重みが違います。
病期分類としては 『Stage IV』 だから、厳しい場合の話をせざるを得ないのですが
多くの場合、自覚症状もなければ、痛みもないため、私本当に Stage IV なの?って思う方がほとんどです。
 

この記事にあるように、とある治療薬によって数年間、何事もなくお過ごしの方がおられます。

 

あの時の重い話はなんだったのかな・・・って、お互い思いながらの日々ですね。

病態を伝える方法、時期って、ホント難しいです。

45歳ですけど・・・

今日は、誕生日だ

 

45歳になったからといって特に何もない

最近、次女がやたら嫁と内緒話をしているので、何かイベント考えてくれてる?

ただ、私に内緒の話があるだけかもね

 

四捨五入したら 50 か・・・

嫁が先に45歳になったとき、すごく嫌がっていたな

 

そうそう、昨日、久々に診察室で年齢を聞かれた

おいくつですか?ってね

 

医師としての貫禄が足りなかったか?

いつものことだけど若く見られたか?

 

しかし、年齢を聞いても意味がないぞ

昨年、医大を卒業したとこかもしれないしね

医師として何年目?、とか、執刀経験がどれだけあるかの方が意義がある

 

そして、そういった質問は、直接ではなく、病院のHPなどで、こっそり事前に調べておくとよい

ちなみに厚生労働省のHPに医師等資格確認検索というものがある

ここで卒業年度が分かる

免停とかでも分かるのかな?

 

2001年に卒業したので、医師として20年目にさしかかった

まだまだひよこだな

がん治療認定医

新しいことにチャレンジは、少しつらくなってきた・・・

取り合えず、がん治療認定医ゲッツ!

?コロナと戦う医療従事者の皆様ありがとうございます?

こんな広告が目に止まった。

『コロナと戦う医療従事者の皆様ありがとうございます』

 

これを読んだ医療従事者は、少しでも心が晴れたり、勇気づけられたりするであろうか?

 

私は、コロナ疑いの患者さんを直接診る立場にはないので、あまり偉そうなことは言えないけど、このような応援メッセージには少しだけ違和感を抱く。

 

確かに、このような応援メッセージは、世間的にウケそうだ。

でも、この発想は、いかにも広告業界らしい。

医療従事者のお陰でなんとかなってる、だから、安心して経済活動ができるよね。

コロナ鬱で、皮肉った捉え方かな?

 

『医療崩壊を防ぐために、医療従事者の負担を少しでも減らすために、不要不急の外出を控えましょう』

『一人のコロナ患者の診察に、複数の医療従事者が感染リスクを背負います』

にして頂けると、少し心が晴れます。

 

確かに、自粛が長引けば、経済が死ぬ。

コロナで生き残っても、経済が死んでは生きていけない。

でもコロナと戦ってるのは、医療従事者だけでないぞ。


この記事が泣けるね。

Calling Me a Hero Only Makes You Feel Better

私をヒーローと呼ぶことで気分が良くなってるだけ

I work in a grocery store. All this grandiose praise rings insincere.

私は食料品店で働いています。このおおげさな賞賛は偽善にすぎない。

©  Dr.松の乳房再建 All Rights Reserved.
PAGE TOP