Case 1

術前
術前診断では TisN0M0 Stage 0でした。
乳頭直下を中心に DCIS (非浸潤癌)が広範囲に存在したため皮下乳腺全摘をお勧めしました。


乳輪・乳頭温存皮下乳腺全摘後

傍乳輪切開よりアプローチして乳腺を全摘しました。
最終病理診断も DCIS で n0, 切除断端陰性でした。

エキスパンダーで拡張途中
エキスパンダーに生食160 ml を注入したところです。
この容量で、概ね左右均等だと判断できます。

乳房再建後
シリコンは JTF3-ML110-170 を使用しています。
整容性において左右対称性の優れた結果になりました。

Recent Work

Case 1

top003

Case 2

top002

Case 3

top001

Case 4

top005

Case 5

top004

Case 6

top006

Case 7

top006

Case 8

Case 9

Case 10

Case 11

Case 12

©  Dr.松の乳房再建 All Rights Reserved.
PAGE TOP