-放射線-

Share Button

骨転移
「造骨型」では骨シンチ検査が有用

「溶骨型」ではFDG-PET-CT検査が有用

 

骨シンチグラフィ
午前中に注射をして約3時間後の午後から撮影、 撮影時間は約20分程度

エネルギーは370-740Mbq  被爆量8mSV
膀胱の被爆は骨の2~4倍。

使用RI テクネチウム99m (99mTc) 99mTc-HMDP、99mTc-MDP
肺に滞留後、血中でプロテアーゼにより代謝を受け、微細化されて、最終的に肝の網内系細胞に貪食され排泄される。
骨のハイドロキシアパタイトに吸着して画像化する。
急性心筋梗塞、脳梗塞で集積する。

原理
肘静脈内に投与された薬品の、骨に取り込まれる機構の全容は明らかではないが、骨親和性物質の集積増加がみられる病変部には血量の増加がある事が知られている。また、陰イオンとしての性質を有することから、骨の hydroxyapatite 結晶にイオン結合することにより、骨、ことに骨新生の盛んな部分に多く集まるものと考えられている。

検査方法  370MBq~740MBq を肘静脈内に注射し、2~3時間後に被検部の骨シンチグラムを得る。

前処置   検査直前に排尿。

臨床
転移性骨腫瘍の診断(悪性腫瘍の骨転移巣検出率は95%以上と高い、前立腺、乳癌、肺癌、神経芽細胞腫などによる骨転移)

原発性骨腫瘍の診断
骨折、スポーツ外傷の診断
急性骨髄炎の診断(X線写真よりも早く検出可能である。)
関節炎の診断
骨移植の評価
軟部組織の病巣検出(横紋筋融解症,皮膚筋炎,脳梗塞,急性心筋梗塞)

 

PET-CT検査
絶食 検査の5-6時間前は絶食

↓ 糖分を含むものは飲食しない
注射 18F-FDGを静脈注射

安静 1-2時間、安静

撮影 PET装置のベッドに横になる

検査後透析の必要はない
高血糖患者は、脳や腫瘍への集積が低下する

 

乳房照射野
全乳房照射は両側あるいは患側上肢を挙上して接線対向二門照射で行うのが一般的である。
その際治療体位の再現性を高めるために固定具を使用することが望ましい。
サイズが大きく下垂した乳房では側臥位あるいは腹臥位での照射も考慮される。

上縁は胸骨切痕、下縁は乳房下溝の足方1cm、内側縁は正中、外側縁は乳頭レベルの中~後腋窩線とする。

 

標的体積とリスク臓器
放射線治療計画の手順として、まず照射すべき部位すなわち標的体積(ターゲット)を決定する。標的体積の決定には病巣の進展範囲の把握がもっとも重要で、視診、触診はもとより、CT、MRI、消化管造影検査などの各種画像診断、さらには内視鏡所見なども参考にする。標的体積はICRUレポート501)およびレポート622)に規定されている肉眼的腫瘍体積(GTV; gross tumor volume)、臨床標的体積(CTV; clinical target volume)、ITV(internal target volume)、計画標的体積(PTV; planning target volume)に分けられる。

GTVとは、画像や触診、視診で確認できる腫瘍体積を意味し、これには原発巣、リンパ節転移、あるいは遠隔転移巣が含まれる。術後照射や予防的照射の場合は、GTVがないということもありえる。CTVとは、GTVおよびその周辺の顕微鏡的な進展範囲、あるいは所属リンパ節領域を含んだ照射すべき標的体積である。ITVとは、CTVに呼吸、嚥下、心拍動、蠕動などの体内臓器の動きによる影響をインターナルマージン(IM; internal margin)として含めた標的体積を意味し、PTVはさらに毎回の照射における設定誤差(SM; set-up margin)を含めた標的体積を意味する。なおITVは、咽喉頭、肺縦隔、胸郭、肝胆膵、子宮、膀胱、前立腺などの部位で特に注意が必要である。以上の定義より、根治的な照射ではGTV ≦ CTV ≦ ITV < PTVの不等号は常に成立する。

 

脈絡膜転移
推奨される例として、通常分割照射で30Gy/10回/2週から40Gy/20回/4週がある

 

乳房温存術後の放射線治療
再発を半減し、乳癌死亡を1/6だけ減少させる。この関係は予後因子別にみたどの群においてもほとんど変わらない。
局所-領域リンパ節再発あるいは遠隔再発を含む初再発は照射により全体として35.0%から19.3%(絶対差15.7%、95%信頼区間13.7-17.7, 2p<0.00001)に減少し、15年目の乳癌死は25.2%から17.2%(絶対差3.8%、95%信頼区間1.6-6.0, 2p<0.00005)に減少した。

 

放射線の副作用

温存術後
放射線肺炎1.0%

肋骨骨折1.8%
心膜炎0.4%
上肢浮腫 6%

乳切除後
放射線肺炎4.1%

上肢浮腫12%
腋窩郭清+腋窩照射での上肢浮腫 30%
慢性関節リウマチ併存例でも肺炎の合併増加は有意ではない

早期反応(急性障害)
1.放射線宿酔
2.皮膚の紅斑(X-4MVまたは電子線)  低エネルギーほど皮膚の紅斑が出現
3.白血球と血小板の減少
4.各組織の炎症

 

被爆
被爆線量が高くなるに従い、誘発される乳癌の悪性度が高いとは限らない

乳癌発症リスクは被爆後10年以上経ってから増加する。

 

コンペンセータ、フィールドインフィールド法について
乳房は胸壁に近い方を麓とした山のような形をしていますので、工夫をしないでそのまま放射線を照射すると乳頭に近いほど多い線量がかかってしまいます。それに対しては15のウェッジフィルター楔形の補償板)を使うことが通常でしたが、乳房の形や体型によっては乳房内に線量の多い部分と少ない部分が生じてしまいます。エレクトリックコンペンセータを使えば、IMRTのように照射中に予め計算した通りにマルチリーフコリメータを動かすことで乳房内の線量分布を均等にすることができます。フィールドインフィールド法は照射範囲のなかの線量の不均一な場所に小さな照射野を作りそこに補償分の線量を照射することで線量を均一にする方法です。

ウェッジフィルターを使用することにより健側乳房への散乱線が増える。
線量計算アルゴリズムを実測ベース線量計算法からモデルベース線量計算法に変えるとMU値は増加する傾向にある。

 

デジタルトモシンセシス(断層撮影)
乳がん検診の被爆基準である3mGy(1方向につき)を下回る2.6mGy

管球を15~50°回転させてデータを収集する。

 

MMGについて
特性X線が利用される。

FPDのピクセルサイズは50~100μm
モリブデンターゲット/モリブデンフィルタを主に用いる
5MPのモニタ(画像ピッチ165μm以下)

ターゲットについて
X線源には現在広く使われているモリブデ(Mo)ターゲットに加え、低被曝化に有利なタングステン(W)ターゲットが搭載されている。

フィルタについて
X線フィルタにはモリブデン(Mo)ロジウム(Rh)を組み合わせる。

一般X線撮影でのX線管のターゲット材にはタングステンが使用されているのに対して、低エネルギー領域のX線を利用するマンモグラフィでは主にモリブデンが使用される。

 

デジタルマンモグラフィの特徴
デジタル画像の利点として,①画像安定化(高いDQE・SNR,広いダイナミックレンジ),②多様な画像処理やCADへの応用,③画像のデジタル保存・伝送,④精度管理の負担軽減,⑤被ばく線量の軽減(FPD),⑥撮影スループットの向上(FPD),⑦多様な画像強調処理(CR)があげられる.また今後の課題として,①高額なシステム,②空間分解能,③画像処理パラメータ,④精度管理・画像評価の基準化などが残されている.

CR(Computed Radiography)方式とFPD(Flat Panel Detector)方式に分けられる
現在CR方式が主流

 

骨転移に対する放射線治療
標準的とされているのは2週間で治療する方法(30Gy/10/2)であるが
鎮痛目的の放射線治療としては、8Gy/1、12Gy/2回、20~24Gy/4~6回など数多くの線量分割法の報告があるが、鎮痛効果という点ではほぼ同等と考えられる。

半身照射では、上半身6 Gy、下半身8 Gyの1回照射とされ、入院を要する。

 

脳転移に対する放射線治療
単発性脳腫瘍に対する定位手術的照射は有用である

脳幹部への転移は、定位手術的照射の適応なし
全脳照射は生存率を有意には延長しない

 

放射線性肺臓炎 TD5/5(Gy) (5年間で5%に副作用を生じる線量)
1/3 45 Gy、肺2/3 30 Gy、肺3/3 17.5 Gy

©  Dr.松の乳房再建 All Rights Reserved.
PAGE TOP