-臨床試験-

2020年4月よりサーバー維持管理費捻出のため記事閲覧を有料(200円/記事)とさせて頂きました。寄付だと思って、ご理解下さい。
尚、閲覧には Google Chrome のご使用を推奨致します。

 

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。


 

第Ⅰ相試験  新規薬剤の安全性を評価
第Ⅱ相試験  新規薬剤の有効性を評価
ランダム化第Ⅱ相試験 第Ⅲ相試験で検証する試験治療を選択されるための有効性評価
第Ⅲ相試験  新規薬剤と標準治療薬との比較
第Ⅳ相試験  市販後臨床試験

 

NSABP B-04  リンパ節郭清を省略しても予後に影響なし

NSABP B-06  局所療法の差異は生存率に影響を与えない Rxで再発を抑制する

NSABP B-17  DCIS Bp+Rxの方がope単独より再発抑制効果あり

NSABP B-18
  化学療法は術前に行っても術後に行っても生存率は変わらず


NSABP B-27  AC+Tの順次投与によりpCRは倍に、再発率低下するもOSで有意差なし


NSABP B-32
  センチンネルリンパ節生検で腋窩郭清省略しても長期予後は変わらない


ACOSOG Z0011 SLN+ T1,2程度なら腋窩廓清省略OK


CALGB 9741
  Dose-dense療法はリンパ節転移陽性乳癌患者における補助化学療法の標準的方法になる


Aberdeen Trial
chemoの効果を早期に判定して、薬剤変更によりpCRの向上やOSの延長が得られた

©  Dr.松の乳房再建 All Rights Reserved.
PAGE TOP