-薬物治療-

2020年4月よりサーバー維持管理費捻出のため記事閲覧を有料(200円/記事)とさせて頂きました。寄付だと思って、ご理解下さい。
尚、閲覧には Google Chrome のご使用を推奨致します。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。


 

フルベストラント(フェソロデックス)
ホルモン受容体陽性乳癌の治療に用いられる薬剤の一つである。抗エストロゲン薬投与後に増悪した閉経後の患者に用いられる。
エストロゲン受容体完全拮抗薬であり部分作働性を持たない上、プロテアソームに因るエストロゲン受容体の分解を促進する。

 

デノスマブ(ランマーク)
破骨細胞の分化誘導因子であるRANKL (receptor activator of NF-κB ligand) を標的とした完全ヒト型モノクローナル抗体製剤、分子標的治療薬。


ベバシズマブ(アバスチン)
血管内皮細胞増殖因子 (VEGF) に対するモノクローナル抗体である。
VEGFの働きを阻害することにより、血管新生を抑えたり腫瘍の増殖や転移を抑えたりする作用を持つ。

VEGFに対するモノクローナル抗体であり、標的はVEGFRではない

 

エベロリムス(アフィニトール)
mTOR阻害薬

他のmTOR阻害剤同様に、細胞内での信号伝達を阻害する。ただしエベロリムスはmTORC1 にのみ作用し、mTORC2 には影響しない。
mTORC1のネガティブフィードバックはAKTキナーゼを活性化し、かつmTORC2を阻害しないためポジティブフィードバックがおこりAKTを活性化する。このAKTの活性化はある種の細胞をアポトーシスへ導く。

主な副作用としては口内炎、発疹、貧血、疲労、下痢、無力症、食欲減退などが知られています。重篤な副作用に間質性肺炎や感染症が知られているため、薬の使用に当たって注意が必要です。

1日1回時間を決めて、空腹時(食事の1時間以上前あるいは食後2時間以降)にコップ一杯の水あるいはぬるま湯と一緒に服用します。

「アフィニトール」は、腫瘍細胞の分裂、血管新生および細胞代謝の調節において重要な役割を果たすmTORタンパクを標的とするmTOR阻害剤です。
乳がんの内分泌療法に抵抗性を示すメカニズムの一つとして、PI3K/AKT/mTOR経路の過剰活性と関連があると考えられており、内分泌療法に「アフィニトール」を併用することで、内分泌療法への抵抗性を克服して治療効果を高めることが期待できます。

進行性乳がんに対する「アフィニトール」の有効性と安全性は、日本を含め世界24カ国で実施された無作為化・二重盲検・プラセボ対照・多施設共同第III相臨床試験であるBOLERO-2(Breast cancer trials of OraL EveROlimus-2)試験の結果で確認されています。本試験は、エストロゲン受容体陽性かつHER2陰性で、レトロゾールまたはアナストロゾールに抵抗性の局所進行性または転移性の閉経後乳がん患者さん724名(うち日本人106名を含む)を対象としており、患者さんは「アフィニトール」併用群(485例)またはエキセメスタン単独療法群(239例)に2:1の割合で無作為割付けされました。

 

©  Dr.松の乳房再建 All Rights Reserved.
PAGE TOP